お役立ち情報

HOME» お役立ち情報 »自然素材はどういいの?

お役立ち情報

自然素材はどういいの?


 
日本には四季があり季節ごとの美しさと共に、暑さ・寒さ・湿気という自然の過酷さもあります。

そんな気温・湿度の変化や日々変化する環境の中、
自然素材の家は通気性に優れ結露を防ぎ、
体にも優しく安全に過ごす事が出来ます。

例えば自然素材といえば一番に思い浮かぶのは「木」ですよね。
集成材ではなく、丸太から使用する形に
切り出した素材を「無垢材」(むくざい)といいます。

無垢材には、天然木本来の風合いがあるのはもちろん、
室内の湿度を調整する働きもあります。
その他にも、
紫外線の呼吸率が高く目に優しい。
無垢材の床には適度な弾力があり、衝撃を吸収するので膝を痛めない。
断熱性が高い などなど…
たくさんの特性を持っています。

お子様が裸足で走り回りたくなる、そんなお家のために…
床材、塗り壁、塗料などにもこだわった、優しい家づくりをハウスアップと一緒に考えてみませんか?
 

木造住宅は、柱や梁などの重要な構造部分が骨組みとなって構成されています。そして柱、梁、外壁、屋根、床などの主要な構造箇所に使用する木材を「構造材」といいます。

そんな家の基礎となる重要な構造材。
耐久性が第一という方には「ヒノキ」の構造材をお勧めします。

建築用の樹木では最高級とされ、本当に目利きのきいた無垢のヒノキは、防腐剤等の処置をほとんどしなくてもなんと数百年の耐久性があります!

シロアリを寄せつけない特性もあり、長く快適に住み続ける為にはおすすめの構造材といえます。
 




お家の中で大きな面積を占める部分である壁には、
漆喰(しっくい)の塗り壁がおすすめです!

有害物質を吸収し分解してくれる「呼吸する壁」だから安心♪

殺菌性・調湿性・消臭性・断熱性があり、室内の空気を清潔なものにしてくれる効果もあります。
 




お家の耐久性を高めるために、非常に重要な役割をするのが、「断熱材」です。

ハウスアップでは、「セルロースファイバー」を使用しています。
こちらは、新聞紙をリサイクルした木材由来の断熱材で、断熱効果だけでなく防音効果にも優れています。




「色んなカラーを使って楽しみたいけれど、
塗料から有害物質が発生しないか心配…」

当社では日本の風土に合わせた安全な塗料である、
プラネットジャパンの塗料を使用しています!

無垢の木の調湿効果をそこなわず、木を堅く、強くすることで無垢の木を長持ちさせ、メンテナンスも簡単になります。